くろこの新ブログはこちらです元気ラボ ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
便秘に悩むなら、20g食べよ!

ローフードについて書き綴っていますが、これまでは、私と同じ年代か、少し下の20-40代ぐらいの方々を対象に発信していました。

最近10代の女性に便秘が多いということがわかった時、10-20代前半ぐらいの人たちが、これからずっと健康的な暮らしをするためには、10代の方々にも発信する重要性に気が付きました。

 

考えてみれば、私自身も、物ごころついた時からずっと10代は便秘に苦しめられていたことを思い出しました。

 

中学校や高校生の時、便秘が続いてとても辛かったのです。

便秘のせいで、学校を休みたいと思ったことも1度や2度ではありませんでした。

 

高校の時にも夏休みに毎日学校で部活をやっていましたが、便秘のせいでお休みしたことがありました。

そんなこと、先生にも先輩にも恥ずかしていえません。本当の原因は便秘なのに、腹痛とか、頭痛とかいろいろな理由をつけてお休みしたことを思い出します。

 

今、振り返ってみて、便秘のない健康な生活がこれほどすばらしいものか、感動すら覚えてしまいす。辛い便秘をしたからこそ、なおさらそう思うのです。

便秘を一度も経験したことがない人からは想像もできないと思いますが、出るべきものが出ずにお腹にどんどんたまっていく辛さ、そしてそれによって心までも不健康になってしまうつらさを私はよく知っています。

 

さて、そんな、今便秘で苦しんでいる人たちにぜひ実行していただきたいことがあります。

 

そのすべてのゴールは、腸内環境を整えること。これにつきます。

 

すぐに結果を出したいなら、食物繊維を摂ることです。

 

なぜ食物繊維を摂ることが良いのでしょうか?

 

昔は食物繊維は食べ物のカスである、とさえ言われてきました。

たとえば低速回転ジューサーでジュースを作ると、野菜の絞りカスが残ってしまいます。それが食物繊維。しかしそれが便秘に最高に良い効果をもたらします。

 

なんといっても腸壁を綺麗にしてくれる、そして腸内の善玉菌を増やしてくれる。

 

便秘の方や大腸の病気になっている方の腸を調べてみると、善玉菌は圧倒的に少ないのです。逆に美しい便の持ち主を調べると、善玉菌がとても多いということがわかります。

 

だから、まずは便秘の方がやらなくてはいけないことは、この善玉菌を増やす、ということなのです。

つまり、善玉菌を増やすために、食物繊維を摂取する、ということなのです。

 

ぜひやってみてください。

 

ひとつだけ注意することは、過去に腸の病気をしたことのあるひと、腸が生まれつき本来のあるべき姿でない場合、たとえば腸管が曲がりすぎていたり絡まっていたり、腸菅の太さが場所によってとても細かったり、という人は注意して摂取する必要ああります。

食物繊維をたくさん摂りすぎると、腸菅がつまる可能性があるからです。

 

もしそういった病気でない限りは、食物繊維をたくさんとることを意識して生活してみてください。

 

沢山摂る、といっても何をどのくらい摂ればいいのでしょう?

 

まずは一日20gを目安にしてください。

 

この20gは決して多くはありませんが、現代の食生活で20gを摂ろうとするととても大変です。

15-19歳代子の平均の摂取量は平成20年の調査の段階ではわずか12.4グラムです。(厚生労働省平成20年 国民健康・栄養調査結果の概要から)

日本人の平均食物繊維摂取量は、欧米型の食生活になった現代においては非常に減っているのが現状です。食物繊維摂取量の調査開始時の1947年は30gにせまる勢いでした。(大塚製薬ホームページより)それが今では15g以下となっています。

 

さて、その20gの目安ですが、食物繊維というと、とっさに野菜を思い浮かべてしまいますが、実は逆に野菜にはあまり含まれていません。

たとえばキャベツ100gを食べたとしても、食物繊維は1.8gしか摂取できません。

 

食物繊維は色々な食品に入っていますが、特に多いのは豆製品です。

大豆、インゲン、枝豆、ひよこ豆など、豆製品を積極的に食べてみてください。

 

また、意外なところでは海藻類。寒天、わかめ、昆布、ひじきなどにもたくさん含まれています。ですからわかめの味噌汁やお吸い

物、海藻類のサラダやマリネ、酢の物なのでたくさん摂ってください。

 

さらにキノコ類。干しシイタケ、きくらげには特に沢山入っていますので、親子丼が好きな方は、シイタケを多目に入れて。チャーハンにきくらげをたくさん入れて。ラーメンにもきくらげをたっぷり。

 

野菜類やフルーツ類は意外にもあまり含まれていませんが、干したものは繊維が凝縮して入っています。

 

たとえばフルーツであれば、干し柿やドライプルーンやドライいちじくなど。野菜なら切干大根やかんぴょうなど。普段のおやつに干しプルーンやイチジクを食べたり。普段の野菜のおかずに切干大根を増やしたり。

 

そしてこれも意外ですが、カレー粉にも結構な量の食物繊維が含まれていますよ。100g中36.9g。いままで月1回作っていたカレーを月2回にするとか、一週間に一回カレーを食べてみるとかね。

 

食物繊維が少ない方は特に紹介した食品を普段から積極的に採るようにすると良いかもしれません。

ただし、食物繊維が良いからといって、摂りすぎは逆に腸内環境を悪くしてしまいますので、注意が必要です。

食べ過ぎや過食がよくないのと一緒です。

 

腸内環境を良くして、便秘解消のために、まずは20gを目安にね。

 

2016年8月31日 スムージーベーシック開講 2層スムージーの作り方 酵素とは何?

2016年10月22日(土) ミラクルローフード会 半期に一度 全部見せます ローフードレシピ 

 

※TRINITYまとめサイトに記事を寄稿しています。

タイトル いまさら聞けないグリーンスムージーって何?

タイトル(前編)あなたのダイエットは成功する? ダイエット診断と成功ノウハウ

タイトル(後編)あなたのダイエットは成功する? 成功のお手本はチンパンジー

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村→私のブログよりもっと面白いローフード情報満載のページへ飛びます。

| ローフード・ダイエットのやり方 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
良く寝たら自然にダイエットができちゃう!

 

グレリンと言ってピンとくる方は、よっぽどダイエットに詳しい方か、その道のプロ?とお察しします。

 

グレリンというのは、端的に言うと、食欲を増進させて成長ホルモンを促進させる、胃から生まれるホルモンのことです。

 

このグレリン、当然のことながら、自分ではお腹がすいたとき、体内に自らエネルギーをチャージすることはできないので、その代わりに人間に「お腹が空いた〜、何か食べなきゃ〜。」と思わせるホルモンなのです。すごいですね。

 

だから、特にお腹が音を立ててグーっとなる時には、たくさんのグレリンが放出されるわけです。

 

グレリンと対になっているのが、満腹中枢を刺激するレプチン。

これは、逆にお腹が一杯になったよ〜。と知らせてくれるホルモンで、こちらは胃から出るのではなく、脂肪細胞から放出されるホルモンです。

 

脂肪細胞から出る、ということは脂肪がたくさんある人は、沢山のレプチンが出るのかな、と思うと実はそうではありません。

 

脂肪がたくさんついていると、受容体がうまく機能しないので、レプチンが出ても、それを脳が受け取るまでとっても長い時間がかかります。

 

だから、太って脂肪がたくさんついているひとは、お腹が満杯になったよ、というサインがうまく受け取れず、食べても食べてもなかなか満腹感を感じるまで時間がかかり、ついつい食べ過ぎてしまう、という悪循環に陥ることになります。

 

この間、テレビの健康番組を見ていたら、このグレリンとレプチンの話をやっていました。

 

グレリンとレプチンの放出具合と睡眠時間の関係の調査というのがあって、これによって面白いことがわかったそうです

 

睡眠時間が5時間以下だと、グレリンがより多く出る、またレプチンの放出も少ない、ということと、睡眠時間が7-8時間だとグレリン放出が抑えられる、つまり食欲の増進を防げる、ということがわかったんだそうです。

良質な睡眠はダイエットにつながる

なるほどね。

 

睡眠時間が少ないと、お腹が空いたと感じる度合いが強くなり、逆に適度な睡眠を取っていれば、お腹が空いたから早く何か食べろ、という指令を出すグレリンの活動が弱まるってことなのね。

 

そして睡眠時間に関してもうひとつ。

 

人は、起きてからだいたい14-16時間後に、睡眠ホルモンである、メラトニンというホルモンが脳から放出されます。これによって脈拍が落ち、体温や血圧が下がり、体は休息モードに入っていきます。

 

たとえば朝6時に起きる人は、午後8-10時に眠たくなっていきます。この時間帯に寝れば、より深い良質な睡眠を取ることができます。

 

私はだいたい朝4時半ぐらいに起きるので、午後6〜8時に寝ればいいのですが、その時間帯に寝たことは、風邪を引いたときぐらいで、普段は一度もありません。

 

これではなかなか良質な睡眠を取れないですね。

 

ただ、いちおう目安として覚えておいて損はありません。

 

睡眠時間をよく取ることで人生の質もよりよいものにできると思えば、なるべくいろいろなことにかかる時間を短縮し、うまく工夫して少しでも多く睡眠をとりたいものですね!

 

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 私のブログよりもっと面白いローフード情報満載のページへ飛びます。こちらもぜひご覧ください。

 

スムージーを体系的に学び、しっかり自分のものにしたい人はスムージーべシックへどうぞ

 

ローフードダイエットでもっと美しく、もっと健康になりたい人はローフードダイエットへどうぞ

 

| ローフード・ダイエットのやり方 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
友人が始めたダイエットの、いい点と改善してほしい点
友人が今年の1月からダイエットをスタートさせました。

残念ながらローフードダイエットではありません。

以前から生の野菜、果物をたくさん食べることで、それだけで痩せるよ、と言っているのですが、彼女の場合、野菜サラダは全然好きじゃない、と言ってなかなか聞く耳を持ってくれません。

彼女がやっているのは、いわばレコ―ディングダイエットです。

今は良いアプリが沢山出ているので、以前なら、レコーディングダイエットをする場合は鉛筆でノートに記入していかなければならなかったのですが、アプリを利用すれば、カロリーも自動で計算してくれます。

彼女は、ダイエットをする前は、だいたい1日2000kcalを超えていたそうですが、ダイエットをしている今は、1300kcal程度に抑えているそうです。

野菜や果物を食べるのではなく1日に食べていた量を、単純に半分にすることでカロリーを約半分ほどに減らしているそうです。

もしお腹が空いてしまったら、今までは甘いものを食べていたのですが、ちくわ1本とか、魚肉ソーセージ1本というふうにしているんだそうです。

約2.5kg減ったと言っていました。

私自身はカロリーを減らすことで体重を落とす、ということにはあまり賛成ではありません。それだとカロリーだけに気を取られてしまい、肝心の体にとって大切な栄養素をないがしろにしてしまう可能性があるから、ということと、カロリーが少なければよいという理由で、砂糖を体に入れてしまうことも考えられるため、食事内容が良い、ということにならないからです。

また、ビタミンやミネラル成分は十分にとっているだろうか、ということも気になりました。

しかし彼女がやっているのは、カロリー計算の食事だけではありませんでした。

それは運動です。

基礎代謝量を上げるために、走ったり、ジムに行ったりしているそうです。毎日働いているので、お休みの時とか、仕事帰りにワンコインジムで体を動かしているそうです。これはとっても良いこと。

すると、びっくりすることに、太ったせいでむくんでいた足首が細くなったんだそうです。つまりむくみがとれた、ということですね。

これはひとえに運動したことによって代謝があがったから、そして血流が改善されたから、だと思います。
よかったですね。

大賛成です。

ダイエットというとどうしてもカロリー制限、食事制限、という流れになりがちなのですが、運動は絶対に必要なのです。

その運動は、走ったりしなくても、たとえば腕や足首に錘をまいて歩くだけでも十分に有効です。

そして彼女に、再度こうお話しました。

「もしサラダが食べたくなかったら、グリーンスムージーだけでもいいから飲んでみなよ。」

すると彼女
「でもね〜。朝作るの面倒なんだよね。それにほら、今コンビニでも100円台でグリーンスムージー売ってるでしょう?」

それに対してこのようにお話しました。

「確かにそうだけど、量が全然少ないよ。コンビニで売っている100円程度のスムージーは、飲みやすくするために、そしてリピーターを狙うために果糖ブドウ糖液糖が入っていることが多いし、場合によっては増粘多糖類が入っているものもある。

それに基本的にすべて、と言ってもいいと思うけれど、せっかくの野菜に含まれている食物繊維は全部抜かれているからね。

コンビニのグリーンスムージーは生の野菜と果物を撹拌してパッケージにしているわけではないんだよ。いったんグリーンをパウダー状に加工してから作っている、もしくは作ったものから食物背にを除いて、他のものと混ぜ合わせて作っているんだからね。それに防腐剤や酸化防止剤などの添加物が入っているものもあるから気をつけなくちゃいけない。

生の野菜と果物だけで作ったもの以上に健康なスムージーはどこにもないんだよ。多少時間がかかっても、自分でちゃんと作って飲むスムージーほど健康にいいものはないよ!」

「でもさ、グリーンスムージーってすぐお腹が空いてしまうんだよね。」

「それはね、組み合わせによって腹持ちの良いスムージーにすることができるんだよ。たとえばグリーンのほかに少し多めにバナナを入れたり、アボカドを入れたりするとお腹がいっぱいになるよ。」

「なるほどね、確かにそうかもね。」

彼女も私もまだ未成年の子供を持つ身。そしてまだまだ自分がやりたいことを沢山持っている身でもあります。
そして彼女も私も働いていて、まだまだ現役です。

本当に健康であることがいかに大切か、が身に染みてわかる年齢にもなってきました。

これから私は友人である彼女と、一緒にどこかに美味しいものを食べにいったり、おしゃべりしたり、何かを一緒にしたり、いろいろなことをやりたいと思っています。

そうするためには、まずは健康が第一なのです。何よりも健康を維持すること、を優先させることがあなたの人生をより良くしていきます。

ダイエットは、不健康な自分を健康にするためのプロセスでもあります。

ちょっと硬いことを言うと、私のミッションは「世の中に健康な人を一人でも多く増やしていく」ということなので、ダイエットをする人を私は心から応援し、健康に痩せられるように、そして生き生きと暮らしていけるように支援したいと常に思っています。


もし今からダイエットをしてみたい、健康に痩せたい、とお思いなら、
ローフードダイエットカウンセリングを受講してみませんか。(スカイプ講義とカウンセリング)
いつからでも始められます。詳細はこちらです。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 私のブログよりもっと面白いローフード情報満載のページへ飛びます。こちらもぜひご覧ください。  
| ローフード・ダイエットのやり方 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
野菜だけしか食べなくて大丈夫ですか?
野菜だけしか食べなくて大丈夫ですか?

貧血とかで倒れたりしませんか?

栄養は十分にとれていますか?タンパク質はどうやって摂っているのですか?

こういったご質問をよく受けます。

ローフードをご自身の生活に取り入れているのほとんどの方は、動物性たんぱく質もとっています。

というのは、サラダの分量を増やしたりスムージーを飲んだり、生の植物性のおかずを多くしたりして、全体のご自分の食生活のおよそ50〜70%くらいをローフードにして、残りは普通の食事をしている方が多いからです。

そのなかでビーガンはいるか、というと、私のローフードの友人や仲間には皆無です。
ビーガンとは動物性たんぱく質、乳製品を一切とらない人たちのことを言います。

私は、ローフーデストであり、またほぼビーガンに近い生活ですが、牛乳の入っているパンを食べたり、バターをつけたりしているため完全なビーガンではありません。

一年に数回ほどお刺身も食べています。ご飯やパン、麺類も食べています。

ただ、加熱したお肉やお魚は摂取しません。(ただししらすなどの小魚は除く)

それでどこかカラダに問題があるか?というと全くなし。むしろローフードを食べ始めて健康になりました。

タンパク源については、実は果物にも野菜にもたんぱく質が入っていることはあまり知られていませんね。
野菜も果物もだとだいたい100g中1-5gくらいはたんぱく質が入っています。

また、私がよくたんぱく源として食べるのはナッツ類、豆類です。

ナッツ類には100g中28g位。同じく豆類は約30g程度ががたんぱく質です。



一般女性のたんぱく質必要量は1日50g位(農林水産省はによると「男性50グラム、女性40グラムが必要」)なので、野菜と豆とナッツを食べていればあっという間に必要量に到達します。

逆に肉やお魚を食べている方はたんぱく質が取りすぎの傾向にあります。

例えばさんま一匹(150g位)のたんぱく質は29g。豚肉100gには27g。

朝食か昼食にさんまの塩焼き、夜に生姜焼きを食べたとしたら、それだけでタンパク質摂取量は58gです。

普通は、ご飯も食べる、味噌汁も食べる、副菜も食べる、となるのでタンパク質摂取量はどんどん増えますから、大抵の場合、たんぱく質の摂取量は多めになります、

たんぱく質の多い食生活は肝臓、腎臓への負担、腸内環境の悪化などいろいろな体調面の悪影響が考えられます。

たんぱく質が足りないんじゃないだろうかと思って、無理に取ろうとプロテイン入りの加工食品を取ったりするのは、普通の食生活を送っている限りむしろ逆効果の場合さえありますので、注意が必要です。

春のローフードダイエット スカイプカウンセリング受付中
(いつからでもスタート可 3月中にお申込みの方は特別割引実施中です。もし教室に通うのはちょっと恥ずかしい、でもスカイプならできそう、という方はお気軽にご相談ください。)

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 私のブログよりもっと面白いローフードブログのページへ飛びます。
| ローフード・ダイエットのやり方 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
痩せられない人
半年に1回程度一緒にごはんを食べたり、おしゃべりをする友人がいます。
その人は、私に会うたびに、「今年から絶対にダイエットするからね。」と宣言したり、「私、今ダイエット中なんだ〜。」と言って、一緒にランチをしても全然食べない時もあるほどです。

会うたびにダイエットしている、ダイエットをする、という言葉が必ず飛び出します。

先日、ダイエットをしているはずの友人にまた久しぶりに会ったのですが、ちっとも痩せていない。痩せていないどころか、なんだか前より太ってしまっているような・・・。

「ダイエット中?」
「うん。今年1月から、ダイエットしているのよ。」と言うのです。(この間もそんなこと言ってたよな〜)
でも私の予想では、やっぱり今年も彼女は痩せられないような気がしています。

彼女は40代です。どんな生活をしているか、どんなものを食べているかといえば、話だけ聞いていると、きわめて良質のものを食べているようです。

たとえば、ドレッシングはだいたいお手製。これはすばらしい。どうやら余計な添加物が気になるみたい。で、どんなドレッシングを作っているの、と聞いてみると、結構ヘルシーなのです。今の時期はショウガを多用しているらしい。

ドレッシングに入れる油にも相当なこだわりを持っています。たとえば体に良いと言われているえごまオイルを使っていたり、オリーブオイルもエクストラバージン。ゴマ油はも低圧搾の有機ゴマ油です。

また、揚げ物はなるべく取らない、オイリーなものはなるべく避けているようです。

食事は?と聞くと、朝は子供たちのお弁当の残りを少しつまんでおしまいらしいです。よくあるパターンかもね。
お昼と夜は和食が中心、しっかりお米も食べるそうです。夕食はなるべく早めにすます、という感じです。

じゃ、運動はどう?運動はちゃんとやってる?と聞くと、激しい運動はしていないようなのですが、軽いウォーキングは、時々やっているとのこと。ピクニックが大好きなので、温かくなると、何人かで公園などでランチを持ち寄ってピクニックをする、ということ。これは運動じゃないけどね(^▽^;)。

ウォーキングはとっても良いので、大賛成。ピクニックは気晴らしにはいいかもね。

外の美味しい酸素を吸うこともできるし。ウォーキングをして体を動かしたり、食事にも気を付けている彼女。

でも相変わらず痩せてもいず、太りぎみなのです。


彼女の食事と運動の話を聞いて、なぜやせられないか考えてみました。

その大きな原因のひとつは基礎代謝量かもしれません。
年齢を増すごとに私たちは基礎代謝が落ちてきてしまいます。
10代のころは同じものを食べても基礎代謝量が高いので、何もしなくてもすぐお腹が空いてしまう。

ところが40代にもなると、同じものを食べても代謝量が少ないために脂肪としてたまっていってしまうのです。これがひとつの原因。

体重53kgの30-49歳女性の基礎代謝は1150。何もしなくてもこれだけのエネルギーを使っている、という量です。1150kcal以上摂ってしまうとお肉になりやすいのです。

普段あまり動かない生活を送っていると、基礎代謝量以上のエネルギーを摂取してしまい、脂肪として蓄積されていきます。だからなるべくよく動くか、できればカロリーの少ない野菜を食べてビタミンとミネラルという栄養素をきっちりとること。疲れ知らずの体を作ることができます。
また、普段から筋力をつけることを意識すること。ジムに行く、というのでなく、自宅でも簡単にトレーニングができます。スクワットや腹筋、背筋など、小中学生のころによくやったような運動を思い出して!

そしてもうひとつの原因は、もしかしたら私の知らないことかもしれないと思いました。

それはたとえば、ダイエットしている、と言いながら甘いものを食べているんじゃないかな、ということです。

ダイエットの一番近道は、デトックスです。つまり体から毒素を排出するということ。
水分を摂取(良い水やカフェインレスの飲みものを飲む)で体の外に毒素を出していきます。

私の考えでは、(色々な考えがありますけれど)カフェインの含まれているものは毒素なので、そういったものを摂取した日はなるべくたくさん水を飲むようにしています。

私も普段は珈琲も紅茶も飲みます。大好きなので。
でも両方ともカフェインが含まれているので、飲んだ日は少し意識して水分(純粋な水)を摂るようにしています。

彼女の場合、無類のコーヒー好きなので、珈琲も結構飲むだろうし、もしかしたら珈琲を飲むときにお茶菓子を食べているのかな?

それから、彼女の場合は意外に高級志向なので、同じケーキを食べる時でも、ちょっと高級生クリームがかかっていたり、ちょっと凝った作り方をしていたり、というのを好みます。
これも私の考えではNGなのです。加工は少なければ少ないほどいい。

そりゃたまには甘いものを食べたくなるでしょう。そういう時に選ぶ基準は、どれだけ加工の工程数が少ないか。ということです。
凝ったケーキは見た目が美しいけれど、毒素が多い、と考えるようにして、なるべく見た目に判断されないように、加工数の少ないものを選ぶようにしています。

そういえば、時々スイーツも自宅で作ると言っていました。
外で買うより自分で作ったスイーツのほうがずっとずっとヘルシーなのはわかります。加工数も少ないので、外で買うよりも作るほうが賛成です。

でもスイーツはスイーツですからね。当然甘味料が入っているので、ヘルシーとは言ってもやはり太る原因になってしまいます。

それから運動についてですが、ウォーキングだけだとやっぱり少なすぎです。

毎日早歩きで3-5km程度のウォーキングならいいのですが(うっすら汗をかくぐらい)、聞くと自宅の周りをゆっくり散歩、という程度でした。夏以外は、汗はかきません。

気分転換や新鮮な空気を体に入れるにはウォーキングは最高に良いのですが、ダイエットのためにやるのでしたら、もう少しからだに負荷をかけながらやらないと痩せることに貢献してくれません。

そしてもうひとつだけ、私から彼女へのアドバイスとして、できれば朝は食べないほうがいいよ、と言ってみました。
いくつかの理由がありますが、ダイエットの観点から言うと、デトックス促進には、午前中は何も食べないほうがいいのです。

ダイエット=デトックス、と覚えておいてもいいぐらいです。
ダイエットをしようと思ったら、デトックスをする、と置き換えてみてください。

デトックスとは、毒素を体から出すこと。そして体から出させるためには水分摂取が最もよいのです。
すぐできることとしては、朝起きたらコップ一杯の水を飲むこと。



私はそれに加えてグリーンスムージーを飲むのですが、水だけでも十分。今流行りの酵素ドリンクを何倍かに薄めて飲むのもいいかも。

とにかく朝は良質な水を飲むこと。よけいなものを体にいれずに排泄を早く体にさせてあげることです。ぜひやってみてね〜。
くろこが開催している元気ラボ
ローフードダイエット実践講座もやってます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ?私のブログよりもっと面白いローフード情報満載のページへ飛びます。こちらもぜひご覧ください。
| ローフード・ダイエットのやり方 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自家製酵素ドリンクを作ってみた
皆様
酵素ドリンクは作ったことがありますか?

酵素ドリンクは最近結構流行っていて、プチ断食や本格的な断食、あるいは週末だけのファスティングや、毎日の健康のために、と幅広く飲まれています。
酵素ドリンクを販売しているメーカーもたくさんあり、どれを買っていいか、本当に迷ってしまいますよね。
今年度から新たに開催するファスティング講座では、ファスティングを行うメリットや栄養学的なお話、また実際にファスティングする際のやり方や注意事項など、様々な角度からお話するのですが、酵素ドリンクの種類や、元気ラボで自信をもってお勧めできる酵素ドリンクを取り揃え、実際に試飲してみていただくことも行います。

実はファスティングは、単なる美容やダイエットだけではなく、もっともっと、信じられないファスティングの効用があります。
おそらくその効用を知ってしまったら、誰でもすぐにでもファスティングをやりたい、と思うかもしれません。

ところで、ファスティングの際は、無理に水だけしか飲まないとか、まったく何も口にしない、というやり方はあまりお勧めしていません。
ミネラルやビタミンをとりつつ行うファスティングが、私は一番良いと思っています。
その時に利用するのが酵素ドリンクです。

この酵素ドリンク、私が良いと思う酵素ドリンクはどれも少々お高くて、買う時には結構勇気がいります。

そこで、もっと手軽にファスティングをするために、もし面倒でなければご自身で酵素ドリンクを作ってみるのもよいかと思います。


もっとも手軽な酵素ドリンクで私が結構気に入っているのは、フルーツだけのとても飲みやすい酵素ドリンクです。
基本的に、フルーツ数種類とお砂糖だけで作ります。
どんな種類のお砂糖を使うかは、講座内で詳しくお話しています。
 
冬は発酵が少し遅いので、発酵までに少し時間がかかります。
1月に作ったフルーツ酵素ドリンクは、発酵までに約10日間ほどかかりました。
でもすごく美味しくて、ファスティングだけでなく、スムージーの代わりに飲むこともできます。
また、食前酒ならぬ、食前ドリンクとしても効力を発揮しそうです。

私自身は3日間のファスティングを実行したことがありますが、その時は市販の酵素ドリンクを飲みました。
今は、時には市販、時には自家製と、その時々で自由に楽しんでいます。
フルーツだけの酵素ドリンクは結構色々作ったので、今度は野草を入れた酵素ドリンクを作ってみたいと思っています。

ファスティングや断食は、もはや特別なものでは決してありません。もっと手軽に日常的に取り入れてよいものです。正しいやり方を知って、時々実践することで、もっともっと人生を謳歌できる、と信じています。

ファスティング講座 2016年2月9日(火)10-12時
スーパーフードでツヤ美人 2016年2月19日(金)10-12時


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村→私のブログよりもっと面白いローフード情報満載のページへ飛びます。
| ローフード・ダイエットのやり方 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ローフードダイエット秘訣 一口目に食べるものが重要
皆様
ダイエットの調子はいかがでしょうか?

皆様は、食事の一番目に食べるものを意識したことがありますか?
たとえば夕食の時、最初に箸をつけるものは何か?お味噌汁?ごはん?おかず?副菜?サラダ?

いろいろありますよね。
ダイエットをされている方は、この、最初に食べるものにちょっと気を使ってほしいのです。
普段、ローフードダイエット講座の中でお伝えしているのは、食事の食べ方。特に順番です。
その中では、野菜サラダを初めに食べてください、とお伝えしています。

理由は、もっとも早く消化されるから、なのですが、実はその他にもうひとつの理由があります。


食べ物を食べると、体の中では糖分が吸収され、それが血液中に増えていくと血糖値があがります。血糖値があがるとインシュリンが出てきてそれを抑えようとしますよね。

インシュリンの役割とは、糖分を体の中に蓄えることです。血液の中にインシュリンが出すぎてしまうと、たくさんのインシュリンが体内に糖分を取りこもうとするので、必要以上の糖分が体内に吸収されてしまいます。
この余計な糖分が、最終的には肥満の原因になっていきます。

だとするとインシュリンが出すぎないようにすることで、余計な糖分を取りすぎないようにすることが大切になってきます。

このインシュリンが出すぎないようにする簡単な方法があります。

この事実をご存知だと、ごく簡単にコントロールできるのです。

それは、お食事をするとき、最初に食べたものによってインシュリンの分泌が大きく変わる、と言われていることです。
だから、インシュリンがあまり出ないようなものを最初の一口にすればいいのです。

たとえばインシュリンがたくさん出るご飯、パン、スパゲティなどの小麦粉が入っている麺類などは要注意です。

そこで、もしそういったものを先に食べたい場合は、あまりインシュリンがたくさん出すぎない、緑黄色野菜などの食物繊維の多いもの、酸っぱいものなどを最初に食べるとよいのです。

もうひとつ知ってほしい裏技があります。
それは、たとえ炭水化物を最初に食べたとしても、インシュリンの出具合が少ないものを一緒に食べると、同じくインシュリン分泌が抑えられます。

たとえばパンを食べたとしても、野菜サラダと一緒に食べるとか、ごはんを最初に食べても酢の物と一緒に食べるとか、という工夫をすると、単体で炭水化物を食べる時よりも、ずっとインシュリンの分泌が減ります。

野菜サラダを最初に食べるのは、こんな理由もあるわけです。
これを習慣化することで、太りにくい体質を作ることができます。

では、一緒にローフードダイエットを楽しみましょう〜。

ここで、ちょっとだけ宣伝。
エイジングビューティ講座では、お野菜、果物を食べて自然に美しくなるワークショップをご用意しています。
11月年内最後となるアンチエイジング・ランチとワークショップは、特別な内容をご用意しています。ぜひチェックしてみてくださいませ。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村→私のブログよりもっと面白いローフード情報満載のページへ飛びます。



 
| ローフード・ダイエットのやり方 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
言い訳をしない、これがダイエットを成功に導く
ローフードダイエットに限らず、何かをやろうとして失敗していまったり、うまく行かなかったりしたとき、その原因を考えてみると、必ず何かに言い訳をしている自分がいます。

私がダイエットをしようと思いたったのは、もうずいぶん昔のことで、その時からとにかくいろいろなダイエットを試して来ました。

炭水化物抜きダイエットの時も、油抜きダイエットの時も、レコーディングダイエットの時もそうだったのですが、全部言い訳して失敗してしまいました。

レコーディングダイエットの時は、紙に書くのが苦手、書いている時間がない、などと勝手に考えてしまい、結局三日坊主でした。

ローフードダイエットの時も、その言い訳が何度も顔をだしそうになりました。

特に皆さんに共通して言えることだと思うのですが、それまでローフードをやったことがない人がいきなりローフードダイエットをやると、一番大変なのは、家族や周りの友人、同僚への説明や理解を得ること、です。

そんな時、ローフードとは何か、ローフードダイエットとはどういうものか、を友人や家族に説明するのが大変、という言い訳をしてしまうかもしれません。
説明して変な誤解を受けたくない、という言い訳をするかもしれません。


次に困ってしまうのは、どこかに食事に出かけたり、同僚との飲み会や送別会や歓迎会、懇親会などの類に参加しなくてはいけない時です。
私も同じような場面に何度も遭遇し、本当に大変でした。

たとえば普段の飲み会なら、用事があるから、と断ることはできますが、私の予定を優先的に考えてくれて設定してもらった飲み会や食事会なら、参加しないわけいにはいきません。

また、会社の力関係でどうしてもお断りできない時や、外部とのおつきあいもある程度は避けられないと思います。

最近は体質的にアルコールを受け付けない人も結構いるので、アルコールを断ることは簡単です。
でも食事となると、漬物や野菜サラダばっかり食べているのも、かなり場違いな感じで心苦しくなります。

こんな時についつい言い訳が出てくるわけなのです。

「上司に勧められたから飲まなくちゃいけない。」
「飲み会の雰囲気を壊せないから、食べなくちゃいけない。」
「早く帰りたいけれど、一人だけ先に帰るのは悪いからその場にいなくちゃいけない。」
「残すのはもったいないから出されたものは全部食べなくちゃいけない。」
こんな言い訳が次々と出てきます。

これだとストレスばっかりがたまってしまいます。
周りに合わせてばかりで、言い訳を考え、自分を抑えすぎていると、心のバランスも崩れてしまいます。

それは本当に自分が望んでいる方向ではありません。

だとしたら、もう少しわがままになってもよいのでは?

それは自分勝手にふるまう、というのではありません。
自分で選んで決める、という前向きな考え方を少し取り入れてみることです。

たとえば他の人に付き合って、食べたくもない脂っこい肉を食べることで、人間関係が円滑に行く、というのは、本当にそうなのかどうか?もしかしたら思い込みかもしれません。

私はお付き合いで焼肉屋さんに行くこともあります。
でも、もちろんお肉は食べません。

最近の焼肉屋さんは、何も肉だけがメニューにあるわけでなく、野菜サラダだってスープだってちゃんとあります。
もしちゃんとお話できる場合は、肉を食べない旨を主催者にお伝えし、その場の雰囲気を壊さないようにしながら、私は焼肉屋さんで、野菜サラダとスープとおしんこで白いごはんを食べたりしています。

それともうひとつ。
甘いものが無償にほしくなった時に、またしても言い訳が出てしまいます。

「今日は疲れているから甘いものを体が欲しているのよ。」
「一週間も甘いものを食べないでがんばってきたんだから1回ぐらいいいよね。」
「これは甘いもののうちに入らないわよ。以前はもっと甘いものをたくさん食べていたんだから」

なんていう言い訳です。

ダイエットを成功させる過程において、私はまわりの人に対してずいぶんと身勝手だったのかもしれません。
でも、それは逆にまわりの人に対して誠実に正直に接していた証でもあります。

せっかくのお土産のお菓子を食べないと相手に悪いから、といって食べてしまうことより、相手の気持ちだけをいただき、今ダイエット中だから、といってお断りする勇気を持ちましょう。自分が思っているよりも、相手はそんなに深く傷つくことはないと思いますよ。

また、自分が思っているほど、周りの人はそんなに大きなことと思っていないかもしれませんよ。

だから言い訳をしない、これがダイエットを成功させる秘訣であり、また、他のことでもうまく事を成就する秘訣でもあるでしょう。
自分に正直に、そして、相手の気持ちに対して誠意を示しながら、自分で選んで決めていく、という考え方も、成功するために必要なこと、です。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村→私のブログよりもっと面白いローフード情報満載のページへ飛びます。

元気ラボでは、ローフードで体調管理をしたり、元気を取り戻したりできるノウハウを提供しています。
 
| ローフード・ダイエットのやり方 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
こんなところから始めてみる、ローフードダイエット
まず、スタート地点としては、朝のスムージー、または朝のフルーツだけ、からです。

朝食が典型的な和食型、あるいは典型的な洋食型の人が含まれます。

典型的な和食型は、たとえばごはんと味噌汁、納豆やお魚や肉類、煮物、炒め物類などの1品料理、デザートに季節のフルーツなど、を食べている方、洋食型とは、パンとお飲み物(コーヒーやオレンジジュース、牛乳など)、ヨーグルト類、チーズ類、目玉焼きやソーセージなどのおかず、フルーツなどを食べている方、です。

このような方々が、朝食にフルーツだけ、スムージーだけ、に変えるのは、非常に勇気のいることです。

かくいう私も、典型的な洋食型人間でした。
朝は、必ず、一人分のパックにはいったヨーグルトひとつ、厚切りトースト1枚にバターをたっぷり、目玉焼き、キャベツとトマトなどのサラダ、そして必ずブラックコーヒー、の毎日でした。

これを、ある日を境に、果物のみ。

これはきつい。

果物は早いものは15分で消化してしまいます。

ですから、ドアツードアで1時間ちょっとの会社に着くころには、もうペコペコでお腹が鳴りまくり、だったのです。

そこで考えたのが、朝食は果物だけを自宅で食べ、会社の最寄駅で降りてから近くのカフェに入り、そこであらためてコーヒーと、大好きだったパンオレザン(中にレーズンが入っている渦巻き状の円形のパン)、またはクロワッサンを食べることでした。

 
本当にそれが、一日のうちで一番の至極の時間、だったのです。


ところがですね、
これが逆効果。当たり前ですが。

朝食を果物だけにしたのに、二度目の朝食を食べたことで、逆に太ってしまったのです。
体の調子もあまりよくありませんでした。

そりゃそうですよね。
朝から、パンオレザンですもの。

このような私の体験から、皆様に特にお話したいのは、このようなことをしないために、スタートは果物だけ、というのがつらい方、自身がない方は、このような朝食をお勧めします。



グリーンンスムージーに、バナナなどの果物、そしてパン。
今回は、全粒粉のイングリッシュマフィンにはちみつをつけていただきます。

このような朝食だと、果物だけの朝食よりずっとボリュームがあって、お腹のもちもよいですね。

ちなみに本日のグリーンスムージーの中身は、桃とオレンジと小松菜です。

小松菜はなるべく成長途中の背の小さな、やわらかいものを選ぶと、苦味が少なく飲みやすいですよ。
本日のグリーンスムージーのレシピはクックパッドでご紹介してありますので、よろしければそちらで確認してみてくださいね。

デトックスに、小松菜と桃のスムージー

ぜひご自身の健康維持のために、朝食はなるべく果物だけ、に近づけていってください。それが難しいようならワンクッションおいて、上記のような朝食からスタートしてみませんか?

それだけでも、一週間も続けると体が軽くなるのがわかります。
ローフード・ダイエット、応援しております〜。

ローフードブログ検索バナーです。
私ののブログよりもっと面白いブログを発見できます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
また、拙宅でローフード・ダイエット教室を開催しています。
たとえばローフードダイエット、やってみたいけれどきっかけがなかなか見つからない、自分一人じゃ不安、本当にやせられるだろうか、とお考えの方は、丁寧にノウハウを伝授いたします。一緒にやっていきましょう。
よろしければぜひこちらもご覧ください。
| ローフード・ダイエットのやり方 | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
続けられる美習慣って?
たとえばダイエット食や運動など、テレビや雑誌などで特集していたり、人からこれがいいよ、と聞いたりしたことは、自分にとってとても良いように思えます。

ところが、問題なのは、それを続けられるかどうか、ということなのです。
 
たとえば、オーガニックのものが体に良いから、すべての食事をオーガニックにしようと思ってもそう簡単にできるものではありません。

売っているお店が近くになくて取り寄せしなくてはいけなかったり、わざわざ遠いところまで出かけなくてはいけなかったり。そういうことを毎日続けられるか、というとそう簡単ではありません。
 
また、私が推奨するローフード生活は、運動と切り離せません。有酸素運動をお勧めしていますが、だからといって毎日ジョギングや散歩をできるか、というと、これまたそう簡単ではありません。

毎日早起きして1時間近くの余裕を作れる人は別ですが、最近の現代人は毎日本当に忙しくて、とたえ30分の時間さえも捻出するのにはとても大変です。
 
オーガニックの野菜や果物を毎日食べ、ジョギングなどの有酸素運動を毎日して、どんなに疲れていてもサラダやその他のおかずはぜんぶ手作りして・・・。
 
こういう生活、なかなかできる人は少ないのじゃないかな。

 

でも、健康は自分の体と向き合わなくてはいけません。
そのためには、続けられる習慣を実践することが重要です。

続けられる美習慣、講座の中ではではいくつかの運動や簡単にできる習慣をお伝えしています。
 
たとえば食生活の中では、オーガニック食材の入手が困難であれば、普通のお野菜でも問題ないと思っています。それよりもお野菜を食べる、という習慣をつけるほうがもっと大事。

毎日様々な生の野菜を食べること、まずはそこからスタートすることです。

1日のうちのどこかの時点で、とにかく生の野菜を食べる。
それができたら少し量を増やす。そうやってできることを増やしていくのです。
できることを増やす、という毎日の行いが、やがて美習慣となっていきます。
 
お野菜の摂り方、果物の摂り方、それ以外のローフードの摂り方、ローフードと他の食事のバランス、取り合わせなど、私がお話するのはどれも本当に簡単なことばかりです。
 
人は面白いもので、何か難しいことを言われたほうが勉強した気になります。
誰でもわかる、とても簡単なことを聞くと、逆に疑いの目をもってしまいます。
 
超健康体になるには、実は誰でもできる、本当に簡単なことを実行するだけなのです。
 
そんなに簡単なら、誰でも全員健康になっているでしょう?
 
といわれるかもしれませんが、これがまた、実際はそうではありません。
誰でもできる簡単なことだから、人はそれをあえてやらないのです。
 
それをやった人だけが超健康体を手に入れることができます。

 ローフードブログの検索サイトです
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村→私のブログよりもっと面白いローフード情報満載のページへ飛びます。
くろこの元気ラボ教室では、今回お話したような健康になるためのローフード講座を様々な形でお話しています。
すべての講座はこちらからご確認ください。

 
| ローフード・ダイエットのやり方 | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

シンプルを極める
シンプルを極める (JUGEMレビュー »)
ドミニック・ローホー

RECOMMEND

RECOMMEND

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし (JUGEMレビュー »)
金子 由紀子
まさに人生の航海術。自分を変えたい、考えをまとめたいと思ったら、まずは持たない暮らしをすることからスタート。

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻) (JUGEMレビュー »)
T・コリン・キャンベル,トーマス・M・キャンベル

RECOMMEND

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻) (JUGEMレビュー »)
T・コリン・キャンベル,トーマス・M・キャンベル

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ローフードダイエット

jugemplus

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH