<< ニワトリにとって大切なものは、意外なモノ | main | ローフードからグリーンスムージーダイエットへ >>

くろこの新ブログはこちらです元気ラボ ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
肥満がなぜ田舎に多いのか
とても不思議な話を聞きました。

私が通わせている子供の小学校の運動会が先日ありました。場所は横浜です。すると知人がこんなことを言うのです。「ここの小学校にはまったく肥満児がいないね。」

そう言われてみると、確かにそうなのです。全校生徒、誰を見ても肥満児は見あたりません。

その方がおっしゃるには、自分の田舎、青森には、クラスにかならず1名以上肥満児がいる、ということなのです。その方が住んでいるところはのどかな田園風景が広がる地方の農村です。農業をやっている方も多いその地域で、肥満が多い、と言うのです。その方は学校関係者ですから、普段からよく子供たちを見ています。また田舎ですからそう人口も多くないところに住んでいらっしゃいます。

なぜ青森の子供たちに肥満が多く、私が住んでいる横浜に肥満が少ないのでしょうか?

とても不思議でした。田舎なら野山も多い、遊ぶところもたくさんあります。都会の子供たちは小学生から塾に通ったり、テレビを見過ぎたりと、不規則な生活になりがちです。ところががそんな都心より田舎のほうが肥満が多いとおっしゃっている………。

田舎や都心といっても、何を基準にして田舎、都心と呼ぶのかはあいまいですし、同じ田舎でも地域によってまったく食環境が違います。ですからいちがいにこうです、とは言えないのですが、この方の一言がきっかけで、肥満について疑問を持った私は、限られた範囲の中ではありますが、少しこの問題を調べてみることにしました。

すると、ある大変おもしろい調査結果レポートを発見したのです。

私が参考に読んだある研究結果とは、高田晴子・岐阜女子大学/岐阜大学医学部衛生学の高田晴子さんと言う方が過去6年間にわたり、9-10才児を調査した結果、特に岐阜県の中都市の9-10才児1,405人とその両親(父親797人、母親987人)及び、アメリカノースカロライナ州の9-10歳児1,215人とその両親(父親941人、母親1,124人)を対象にした日米比較調査の結果をもとに、子どもの肥満と親の生活習慣との関わりの現状についてまとめたレポートです。

すべての結果をここで紹介すると長くなるので割愛しますが、このレポートで特に面白いと思ったのは、様々な肥満の要因について新しい見方を示唆している点でした。

たとえば太った子供の両親は喫煙者の傾向が高い、ということは私にとって新発見でした。また子供の肥満と母親が働いていることは関係ないこと、そして、家族状況については、祖父母との同居や兄弟数などの家族構成、父母の帰宅時間のどれとも、子どもの肥満とは関係していなかった、ということも新たな発見でした。

さらに読み進めてみると、最初に知人が言った、「うちの田舎では肥満児が多い」、という言葉を裏付けするような記述があったのです。

それは 生活環境と子供の肥満、というページでした。
(ここから引用)

『ところで、ある地方都市の小学校四年生の約1,700人について、私が実施した調査では、肥満の出現率は、学校によって、6パーセントから25パーセントまでと、かなりの幅がありました。学校の所在地を調べると、にぎやかな下町と、人口が少なく農業関係の仕事の多い田舎に、肥満出現率の高い学校が集まっていて、逆に、都市でも、いわゆる山の手とよばれる地域には、肥満の出現率が低い学校が集まっていました。同じ都市の中でも地域による差が見られるわけです。』

この、「人口が少なく農業関係の仕事の多い田舎に、肥満出現率の高い学校が集まっていて………」という部分に目が留まったのです。

その方が住んでいるのも、農業関係の仕事の多い田舎、です。そして青森県と神奈川県では、たとえば7歳児の肥満傾向の出現率*を比較してみると、神奈川県の5.08%に対して青森県は10.86%と、なんと倍以上の開きがあったのです。(参考:7歳児ではもっとも高いのは青森、ついで宮城県、逆にもっとも低いのは兵庫、ついで福岡県)

さらに彼女の研究の中ではコレステロール値のことにも触れています。重要だと思いましたので、簡単にご紹介します。

高田氏は他国との比較において、日本の子どもは肥満が増えているばかりではなく、血中のコレステロールレベルも年々上昇していると指摘しています。

日本の9-10才児では男女共に、日本人が脂質からとるカロリーの総カロリーに対する割合は、1997年には30パーセントを超えました。アメリカでは現在、34パーセントと言われているので、脂質の摂取量は、総じて体格の大きなアメリカ人並になってきていると言えるます。

高田氏が実施した日米仏3国比較研究の結果によると、ほっそりしたフランスの子どものコレステロール値が1番高く、次いで肥満傾向が多いアメリカ黒人、その次が日本人で、アメリカ白人よりも高値でした。

この結果から高田氏が警鐘を鳴らしているのは、日本の子どもも、食事の内容、とくに脂質摂取の増加にストップをかけなければ、高コレステロールと肥満の多いアメリカの子どもたちのようになるか、肥満児は少ないけれどコレステロールレベルの高いフランスの子どものようになるかのどちらかになりますよ、ということです。

肥満児の研究については、まだ未解明の部分が多いのが現状です。ある一部の調査結果によって結論ずけることはもちろんできませんが、今確実に言えることは、(文部科学省の統計によると)、日本における肥満傾向児の割合は、30年前に比べて2倍近い、という結果が出ている、という事実です。小学校高学年で10人に1人が肥満です。

これからの子供たちが太り続け、ますます肥満大国ニッポンになってしまうのか、どこかで歯止めがかかり、肥満児のいないより健康な日本になるのかは、今後の私たち自身への、肥満に対する関心を高めていく、ということにかかっているのかもしれません。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ←私のblogよりもっと面白いローフード情報満載サイトです。ぜひご覧ください。
にほんブログ村←いつもお読みいただいている方、本当にありがとうございます。ぜひ1クリックを。

肥満児とは(実測体重−身長別標準体重)/ 身長別標準体重 × 100が20%以上の場合
参考資料 
*文部科学省 都道府県別肥満傾向児の出現率 平成21年度統計
孤独な夕食+寝不足+テレビ=1.7倍 米調査 2月15日 毎日新聞
子供の肥満予防の指導のために
子供の肥満の時代推移について
秋田県に肥満児はなぜ多いのか
| ローフードの世界から見えること | 09:41 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:41 | - | - | pookmark |
コメント
青森は雪国、車社会・閉じこもってゲームばかり・・・
瀬戸内の離島では、元気いっぱい遊んでます。
遊び場が少ない東京だと、貧しい下町ほど肥満児が多い。
※都心・山の手はスポ少が盛んで美意識が高い、郊外は公園が多いです。
| イマイ | 2017/04/27 12:03 PM |
私は田舎育ちですが、田舎にいた子供時代の方が太ってました…。
なんと今より10kgもです!(^^;)

そして、雪の降らない、遊び回れる田舎でしたし、私自身、ゲームもやらず遊び回っていたので、確かに都会より健康的な印象、あります。
でもこっちに来たらきたで、都会人良く歩くな〜という印象も、確かにあります。
でも都会に来てすぐ痩せた訳でもなく、むしろ太り、痩せたのは食生活でした。

雪の地域での生活の仕方は残念ながらわかりませんし、今はもうゲームに遊びが置き換わっているという状況が要因になっていることもあるかもしれません。

ただ、食べ物が与える影響はとても大きいですし、kurokoさんの考えも十分考えられるものだと思いました。



>お顔に出てますね。ギスギスした感じが。

一度も会ったことがないのに、文章の内容だけならまだしも、人格までギスギス”と断定してしまうのはちょっと…。

痩せた人は太った人よりも鋭く見えてしまいがちなのはあるのかもしれませんし、文章のみで判断するのはもしかしたらそう写るところもあるのかもしれません。

私はたまたまkurokoさんに一度だけですがお会いした身で、それからブログも拝見させていただいているのですが、お会いしたとき、とても聡明で、でも当たりの柔らかい方だと思いました。

自分のブログじゃないところを結果的に荒らしてしまう可能性があることを考えると発言を控えようと思いました。
(そうなったらkurokoさん、ごめんなさい。これ以上発言しません。)

でも、自分が素敵な人だな〜と思った人がそう思われてしまうのは残念でならなかったので、悩んだ結果、発言させていただくことにしました。

長文、すみませんでした。
| mochimayuge | 2010/05/31 2:17 AM |
>田舎なら野山も多い、遊ぶところもたくさんあります

幻想ですよ。
田舎の子供も室内でゲームをしたり、あまり変わりません。

田舎は徒歩3分でも車で移動します。
自転車もあまり乗りません(通学の学生は除く)。
都会の子供の方が通塾などで沢山歩いてると思います。

あとは、都会の方は美意識が高いから。

この2つが要因だと思います。

両方暮らしたことのある者の意見です。
| | 2010/05/30 10:55 PM |
すごい偏見の持ち主ですね。失礼ですけど、お顔に出てますね。ギスギスした感じが。コーヒーフレッシュのトピの自分の論が正しいという決めつけや、今回の自分の意見に合致する適当な論文を引用したり。田舎は確かに都会よりも遊び場は広いかもしれません。しかし、あなたは大事なことを分かっていません。それは、一年の3分の1が雪だということ。深い雪の中では存分に遊べず、貧しい田舎では都会のような遊ぶものはありません。過ごすところもお金もありません。できることは安いお菓子を食べることです。そのような面を見ずに、一方的な論を展開されるのはいかがかと思います。
| 加藤 | 2010/05/30 7:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rawfood.jugem.jp/trackback/124
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

シンプルを極める
シンプルを極める (JUGEMレビュー »)
ドミニック・ローホー

RECOMMEND

RECOMMEND

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし (JUGEMレビュー »)
金子 由紀子
まさに人生の航海術。自分を変えたい、考えをまとめたいと思ったら、まずは持たない暮らしをすることからスタート。

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻) (JUGEMレビュー »)
T・コリン・キャンベル,トーマス・M・キャンベル

RECOMMEND

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻) (JUGEMレビュー »)
T・コリン・キャンベル,トーマス・M・キャンベル

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ローフードダイエット

jugemplus

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH