<< 夏と秋の野菜と果物を作る大切な時期 | main | ゆっくりと、そうなる 今日のランチ >>

くろこの新ブログはこちらです元気ラボ ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ローフーデストが最っとも毛嫌いする団体

ローフードを愛する人達にとって、もっとも遠い存在であり、もっとも嫌われる存在、といってもいいのが、"米国食肉輸出連合会"、USMEFです。

これは、アメリカの畜産や食肉製品を世界中に広げるためにアメリカの食肉団体や関連企業が設立したアメリカの食肉業界の代表団体で、当然のことながら日本にもちゃんと事務所を構えています。

彼らは日々、アメリカのお肉の美味しさを知ってもらう活動を積極的に日本中で行っています。

たとえば有名レストランとコラボしておいしいビーフの料理を開発したり、高級ホテルでアメリカンビーフフェアを開催し、食べ比べやプレゼントなどを含めたイベントを開催したりしています。

また、色々な店舗で実演ショーを行い、アメリカンビーフのおいしさをアピールしたり。また電車の中吊り広告を作成し、"ステーキならアメリカンビーフ"、というふうに、ビジュアルで一般の消費者にもっとビーフを食べてもらうように訴えたり、各地で米国食肉のことを知ってもらう大小のセミナーも開催しています。

ウェブでの展開も積極的に行っています。ウェブサイトからどのステーキが美味しそうか、投票してもらうキャンペーンを開催したり。さらに週2回のアメリカ食肉マーケット情報を提供するニュースレターを発行したり、アメリカンミートのガイドブックを作成し、誰でも簡単にウェブサイトからダウンロードできるようにしたり。また、単にインターネットでの情報提供だけでなく、登録すれば小雑誌も無料で郵送してくれます。

そんな米国食肉輸出連合会が、日本の高齢者50-70代を対象にして、男女1,000人に対して食生活について実施した調査結果を発表しました。

それによると全体の95.4%がバランスの良い食事は健康のために重要、と答え、57.1%が実践していることがわかりました。

最近の食生活についてバランスの良い食事をとることが多くなった、との声が多い一方で、栄養価の高い食生活を心掛けるようになった、との回答は11.4%しかありませんでした。それによりシニア層は単品で栄養を摂取するより、多くの食品を少量ずつ食べる傾向が強いことが浮き彫りになりました。

家庭での牛肉消費の調査では、男性が50,,60,70代の全世代で「減った」の回答が「増えた」を上回りましたが、女性は50,70代で「増えた」の方が多く、豚肉は男女とも「増えた」の回答の多さが目立ちました。つまり全体的には牛肉も豚肉も、今までより消費量が増えた、ということになります。

この結果について想像できるのは、少なくても5-70代の方たちはバランスのとれた食生活がよい、と思っており、その中には当然、お肉をいただく、ということも含まれているんだな、ということがわかったことです。

もう世間はお正月気分はすっかり抜けて通常の生活に戻りつつありますが、昔の方が食べていたであろうおせち料理が、まさに高齢者の食生活そのものだと思うのです。

野菜から魚、肉、果物まで様々な料理がバランスよく並べられ、味付けもしょっぱい、甘い、辛いものが種類豊富に含まれています。まさにこれこそが、高齢者が理想とする食生活ではないかと想像されます。

バランスのよい食生活は本当にいいのか?ローフードやナチュハイを勉強すればするほど、この疑問が大きくなります。それはローフードを食べている方たちも皆大なり小なり感じていることではないでしょうか?

ローフードを知ってから私の一度の食事に食べる食べ物の種類はかなり減りました。今日のランチなどは、大根とひじきサラダ(食材2種類)、バナナと小松菜のスムージー(バナナ、小松菜、豆乳の3種類)、そして天然酵母パン、だけです。食材の種類にすると6種類。

普通コンビニで買う野菜サラダには、キャベツ(キャベツ、紫キャベツの2種類)、きゅうり、トマト、トウモロコシが入っています。カップラーメンを買ったって、ラーメン以外に、フリーズドライの豚肉、なると、トウモロコシ、しなちく、こんぶ、葱などが入っています。これだけで全部で10種類。レストランでランチをすれば10種類どころではありませんよね。

ローフードにすれば自然と消化のメカニズムもより単純になるので、普通の加熱食より早く消化され、体への負担が減ります。

最近気がついたのですが、たとえば味付けの濃いものを食べると自然と、他にもっと食べたくなるのです。たとえばステーキを食べたら、ステーキそのものは味がほとんどないので、塩コショウを振ったり、ステーキソースをかけたりしますよね。するとフレンチフライが食べたくなったりパンやご飯が欲しくなります。豚肉の生姜焼きを食べたら、間髪を入れずにごはんがムショウに食べたくなったりするでしょう?

ところがローフードを食べている時はそんなふうにはなりません。最近はドレッシングをつけなくてもキャベツやブロッコリを食べますし、他の野菜も、ほんのわずかな天日干自然塩で十分おいしく食べられるようになりました。

USMEFが活発に活動すればするほど私の気持ちはそれに反比例して暗くなります。でも見習うことも多いことは事実です。これからは、USMEFのように野菜関連団体、果物関連団体がまとまってひとつの組織を作り、より活発に活動してほしいなあと思います。世の中には、いえ、少なくても日本には肉好きよりもっと多くの野菜好き、果物好きがいると信じていますし、啓蒙活動をすることで、救える命も多いのではないかと思います。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ←私のblogよりもっと面白いローフード情報満載サイトです。ぜひご覧ください。
にほんブログ村←いつもお読みいただいている方、本当にありがとうございます。ぜひ1クリックを。

| ローフードマーケティング | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rawfood.jugem.jp/trackback/359
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

シンプルを極める
シンプルを極める (JUGEMレビュー »)
ドミニック・ローホー

RECOMMEND

RECOMMEND

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし (JUGEMレビュー »)
金子 由紀子
まさに人生の航海術。自分を変えたい、考えをまとめたいと思ったら、まずは持たない暮らしをすることからスタート。

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻) (JUGEMレビュー »)
T・コリン・キャンベル,トーマス・M・キャンベル

RECOMMEND

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻) (JUGEMレビュー »)
T・コリン・キャンベル,トーマス・M・キャンベル

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ローフードダイエット

jugemplus

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH