<< 南アルプスの若女将から教えていただいたキノコのお話 | main | こんなところから始めてみる、ローフードダイエット >>

くろこの新ブログはこちらです元気ラボ ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
野菜を食べる人にとって重要な日?8月31日
本日は8月31日ですね。
今日は何の日?というのがありますが、本日は、や、さ 、い の日なのですよ。
ですから、特にベジタリアンやローフーデストにとってはちょっと抑えておきたい日となっています。

そもそもこの野菜の日は1983年に、全国青果物商業協同組合、食力流通改善協会を含む、合わせて9団体が野菜のPRのために設定した記念日となります。語呂合わせですね。8 3 1 で、や さ い。

あらためて野菜について考えてみたのですが、私は現在、もう10年以上も農業に携わっています。
畑では定番野菜から、ちょっと変わった野菜まで、毎年作物を作っています。
最近は、農業に関心のある人たちがすごく増えていて、私の近くの区画にも、子供を含む一家で来ていたり、ご夫婦で来ていたり、若い独身男性が来ていたり、と様々です。

野菜作りは、簡単なのですが、一方で非常に難しい。

たとえば基本的に野菜は、種を植えると芽が出てきます。
ところが、芽が出るまでも野菜によって厚いケアが必要なものもありますし、なんのケアをしなくてもとりあえず芽を出す野菜もあります。

また、ほうっておいてもすくすく育つ野菜もあれば、そうじゃないものもある。

そして、それらのケアは季節ごとに、また天気や気温によって毎回違います。

昨年やった方法で成功したから、今年も同じ方法でやる、というのでは時として大失敗することもあります。

たとえば寒冷紗のかけ方一つ、取り方のタイミングなどを間違てしまうと苗が虫に食われてしまったり、また種をまくタイミングを間違えると、まったく芽が出てこなかったり、ということが発生します。

1年野菜を育ててみると、子供を育てた経験のある女性が口を揃えて言うことは、野菜作りは子育てと一緒だ、ということです。

これには私も同感です。

もっとも感じるのは、手をかけすぎてもいけない、手をかけなさすぎてもいけない、というところが似ている。

過保護に育て過ぎてもいけないし、放任主義でもいけない。 というのと一緒です。

畑ではいろいろな方が野菜作りを楽しんでいるのですが、作っている野菜は全部一緒です。肥料も種も支給してくれるので、全員一緒のものを同じように育てていきます。

ところが出来高が全然違う。
隣同士で育てている野菜も、全然違うのです。ある人の黒豆はふっさふっさなのに、すぐお隣の豆は縮こまってしまっています。

また、ある人のトマトはのびのび育っているのに、隣のトマトは葉っぱも枯れ、実りも少ない。

まあ、たまたまそこに虫が卵を産みつけてしまって葉っぱがやられてしまった、ということもあるのですが、それでも注意深く野菜を観察したり、適度なケアをしている人とそうでない人とでは結構な差が出てきます。雑草の処理の仕方や、摘心、脇芽の処理の仕方でもずいぶんと違いが出てきます。

これからは秋冬野菜の仕込みのピークになります。ブロッコリ、カリフラワー、はくさい、きゃべつなど。
特にこれらの野菜たちは、虫がつきやすい。本当に注意が必要です。
(これは、ブロッコリの芽。どれが芽か雑草か、区別つきませんよね〜。でもこの時期がもっとも重要なので、
ほぼ毎日のように芽の状態をチェックしています!!)


モンシロチョウはキャベツをすぐに見つけて卵を産みつけます。それにきがつかないでほうっておくと、あっという間にレース状のキャベツになってしまいます。それはそれできれいなのですけどね。

畑に携わり野菜作りを学びながら、私は同時に子育てや人との接し方などを学んでいるような気がしています。

そう感じている、週末農業を楽しんでいる人たちも結構いるような気がしますが、どうでしょうかね?
私のようにある程度の場所で農業をやらなくても、野菜作りなら身近なところで楽しめます。

たとえばベランダでプランターで育ててみたり、窓辺の小さな鉢で楽しんだり、ということもできますよね。
そういやって生き物と向かい合っていくと、他人との接し方や子供や家族とのあり方など、いろいろなことを考えるきっかけにもなります。まして、うまく芽が出なかったりしたらなおさら深く考えるきっかけになるかも。



ちょっと大げさかもしれませんが、私は畑で野菜に接するようになって10年目にして感じていることです。

これからなら、プランターでもミニ白菜や、小松菜や水菜、青梗菜ならほんのわずかなスペースでも作れます。
採れ高は少ないですが、それまでの過程を楽しむ気持ちで、少し涼しくなった今から挑戦してみては?いろいろな意味で楽しめますよ〜。

ローフードブログの検索バナーです。
たくさんのローフード関連のブログが集合しています。ぜひいろいろな知識を吸収してくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

横浜市でローフード教室を開催しています。
いろいろなプログラムがございますので、一度サイトにお尋ねくださいね。
横浜の元気ラボのホームページ
| 農業でロー | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:33 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rawfood.jugem.jp/trackback/866
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

シンプルを極める
シンプルを極める (JUGEMレビュー »)
ドミニック・ローホー

RECOMMEND

RECOMMEND

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし (JUGEMレビュー »)
金子 由紀子
まさに人生の航海術。自分を変えたい、考えをまとめたいと思ったら、まずは持たない暮らしをすることからスタート。

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻) (JUGEMレビュー »)
T・コリン・キャンベル,トーマス・M・キャンベル

RECOMMEND

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻) (JUGEMレビュー »)
T・コリン・キャンベル,トーマス・M・キャンベル

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ローフードダイエット

jugemplus

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH