<< ひじきに鉄分がない?じゃあ何に入ってる? | main | なぜこんなに大豆が少ないの?収入5万円生活 >>

くろこの新ブログはこちらです元気ラボ ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
持たない暮らし 4つの基準と6つのメリット
金子由紀子さんの、『お部屋も心もすっきりする持たない暮らし』 という本に書かれていることについて、色々と話し合う機会がありました。
 
この本を推薦してくれた友人は、いつも私に色々なインスピレーションを授けてくれる素敵な方なので、今回もとても多くのことを学んだと同時に、今年の目標のひとつに、持たない暮らしに書かれていることを実践しよう!、と思いました。
 
この持たない暮らし、というタイトルからして、モノの整理整頓、断捨離、こんまりさんのときめきの整理法などを想像する方も多いと思いますが、完読して思ったのは、これは今までの、モノの整理整頓ノウハウ系とはちょっと毛色が違う、ということでした。
断捨離は一時期とても流行ったので今更言うまでもありませんが、本当に必要なものを手元に残し、必要でないものを手放してモノへの執着心を解き放つということです。
 
こんまりさんの心がときめく片づけ法は、まさしく、自分の心がときめくものだけを手元におき、あとは捨ててしまうという、整理整頓の新しいノウハウです。
 
今回読んだ、持たない暮らし、を読んで思ったのは、今をよりよく生きるための航海術、といったようなことでした。
私はよくモノを探すことがあります。またモノに執着する時は、過去の色々な想い出が詰まっていてなかなか捨てられない、という場合も多いのです。こういったことから、モノは時間そのもの、モノは時間の塊ということができます。よく時は金なりと言いますが、そうではなく『時はモノなり。モノは時なり』。
 
時は金なり、とは 時間はお金と同様に貴重なものだから、決して無駄にしてはいけない、という意味です。これをモノに変えてみると、時間とモノは貴重なものだから、決して無駄にしてはいけない、ということになります。
私たちが生きるためにはたくさんのモノは必要としないということは整理整頓を一度でもしたことがある方ならよくご存知だと思います。
 
もし自分の周りにたくさんのモノがあれば、ごちゃごちゃしてしまいますね。
よく、写真の画像処理で、背景処理というのがあります。
 
なぜ背景処理をするかといえば、それは目的の対象物を、より際立たせるために行うものです。
片づけもそれと一緒。自分の人生、自分のスタイル、自分自身を際立たせる(はっきりさせる)ためには、背景処理が必要です。
それは、持ちすぎている所有物を減らすことに他なりません。持たない暮らしをすることで、より自分が見えてくる、ということなのです。
 
普段身の回りにあるモノたちを、自分では見ていないつもりでも、視界には入っている。といいます。
モノは時間の代名詞ですから、、モノにしがみつくのは過去にしがみついていることと同義なのです。
 
さらに、モノを過剰に備えることは、未来の心配をしすぎているからに他なりません。
では、モノを持つとき、あるいは捨てる時、何を基準にしたらいいか、という問題ですが、ここで皆さんに、金子さんと私の友人からお伝えしたい、モノを持つ時のひとつの具体的な基準をお伝えしたいと思います。
それはこのようになります。
  1. 自分の管理能力を超えてしまうものは持たない
  2. 愛着のあるもの以外は持たない
  3. 自然に還らない、次の人に渡せないものは持たない
  4. 自分の暮らしに似合いうもの以外は持たない
『持たない精神の本当の意味とは、モノの価値を生かして使いきることです。ただ、自分に必要なモノは人それぞれで、個々人が決めることなのです。モノの価値を生かして使いきること、それが同時にモノを大切に扱うことになります。それが本当の贅沢というものです』と金子さんはおっしゃっています。
友人は、籐のかごは捨てずに身の回りに置くようにしていると言っていました。それは土に還るものだからです。また食器も最低限。模様の描かれているものよりも、真っ白いディナー皿、ケーキ皿、深皿などが数種類あれば、だいたいの料理に利用できるということでした。
私も見習いたいと思います。
 


 
さて、モノを持たない本当のメリットとは何でしょう。

せっかくモノの整理をしても、何も変わらないとなればやる意味もありませんが、モノを持たない暮らしを実行すると、非常に多くの恩恵を授かることができます。
これは私自身常日ごろから実感していることですが、大きくわけて3つにまとめることができます。
  1. 探す時間が減らせる=今を生きる時間が増える
私はいつも何かを探している自分にふと気が付きます。その時間は、一回に探す時間はわずかでも、積もり積もれば膨大な時間の無駄使いをしているのです。これをなくすことで、その時間を自分の時間として持つことができるのです。
たとえば1日10分程度モノを探す時間があったとすると、1年では3650分 =60時間 ということになります。60時間って膨大な時間です。
 
私は時々30分ぐらい費やしている時もあるので、そうなると1年で探している時間は10,950分。これは182.5時間で7.6日。一週間(昼夜)以上も無駄にしてるのです。さらに寝ている時間(8時間)を除くと、11.4日。この日数を私は毎年のように失っていることになります。毎年のように10年間続けた場合は114日。 これって1年間の土日祝祭日の合計数とほぼ一緒(約120日)。つまり私はある年の1年の、土日、祝祭日を全部探しモノの時間に当てていた、ということになります。驚異的。
  1. シンプルにすると、頭がクリアになる 頭とモノはイコールです。普段ごちゃごちゃしている中で生活していると、見ていないようでも、そのごちゃごちゃなものが目に入ってしまっているのです。そのため自分の頭の中もごちゃごちゃになってしまっています。頭をすっきりさせるために、モノを整理することは欠かせません。
    
  1. スペースを取られない。モノを整理することでスペースが生まれてきます。それにより新しいものを受け入れることもできるようになるのです。以前思い切って読んでいない本、読み切った本を整理し、棚を1段まっさらにしたことがありました。すると新しい本を躊躇なく購入することができ、新しい知識や情報も増しました。それまでは棚がいっぱいで新しいものを受け入れる余裕がなかったのです。

 
  1. わずらわしさから開放される。 精神的なメリットです。モノがごちゃごちゃある家に人を呼びたくないですよね?でもいつもキレイに片付いていて余計なものがなくてすっきりしている家なら、ぜひ呼びたい、と思いませんか?気軽に友人を呼べるようなら、片づけなきゃ、という気持ちやわずらわしさから解放されます。いつでもウェルカムの家に変わるのです。
 
  1. 金銭的な節約 いつも自分が満たされるモノが周りにあれば、あれもこれも、とモノを購入することはありませんね。目移りしないからお金もかかりません。
  1. 贅沢ができる  しまい込んでいるものはないか?と考えてみると、あれもこれもたくさん出てきます。それは人からもらったとても高価なものだったり、自分で購入してももったいないから、といってしまい込んでいまっているものもあります。でもそれらを使うことによってモノの価値を生かすことにつながるのです。それが本当の贅沢、というものです。
どうでしょう。
 
さ、今日から早速整理整頓、と思った方も多いのではないでしょうか。
 
モノを減らすことは他にもたくさんのメリットがあります。ぜひ自分が本当に必要なものを残し、余計なモノを減らしてすっきりした生活をしませんか。必ずやあなたに良いことが起こるようになると思います。
 
本当に必要なモノ、そうでないモノは人によって様々ですが、自分の人生を一歩進めるためにも、モノを持たない暮らしの中のひとつだけでも実行すれば、あなたの望みや夢にひとつでも近づくことになることでしょう。
 
私は今回思い切って12月31日から2日までの3日間、7年ほどペンディングにしていた写真や子供の作品、その他膨大な紙類や資料類の整理をし、ゴミ袋15個分のモノを捨ててしまいました。おかげで本棚まるまる1個分のスペースができたのです。
本棚を整理しただけ、なのですが、これだけでも気分がすっきりしました。

気分をすっきりさせることを感じることが、人生のリセットの始まりです。

身の回りで自分にとって本当に必要なものを残して気分をすっきりさせ、日々の自分の暮らしを価値あるものにしたいものです。
くろこ主宰の元気ラボでは、身も心もすっきりさせるファスティング講座を2016年1月から新設しました。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村→私のブログよりもっと面白いローフード情報満載のページへ飛びます。
| ストレス解消法 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:13 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rawfood.jugem.jp/trackback/918
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

シンプルを極める
シンプルを極める (JUGEMレビュー »)
ドミニック・ローホー

RECOMMEND

RECOMMEND

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし (JUGEMレビュー »)
金子 由紀子
まさに人生の航海術。自分を変えたい、考えをまとめたいと思ったら、まずは持たない暮らしをすることからスタート。

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻) (JUGEMレビュー »)
T・コリン・キャンベル,トーマス・M・キャンベル

RECOMMEND

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻) (JUGEMレビュー »)
T・コリン・キャンベル,トーマス・M・キャンベル

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ローフードダイエット

jugemplus

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH